病気治療のミカタ〜郡山青藍病院のヘルニア治療編〜

看護師

最新の治療方法

腫瘍の治療に適した最新の方法とは

はっとする男性

最新のテクノロジーを活用した、高精度の定位放射線治療装置である点が、サイバーナイフの最大の特徴である。特に最近では各地の医療機関にサイバーナイフが設置されるようになったので、今までに比べて治療が受けやすくなったのが魅力的である。また平均的な治療費は60万円から70万円であるが、保険適用可能な治療なので、実質的にはその3割の負担で治療を受けることが可能である。また高額医療費に対する払い戻し制度を活用することで、更に少ない費用で治療が受けられるであろう。しかも通院治療も受けられるので、入院費が不要な点が最大のメリットである。また治療時間が短いので、仕事をしながら腫瘍の治療を受けたい人にも利用しやすい点が魅力的である。

最近のサイバーナイフの治療金額の傾向とは

最近ではサイバーナイフを備えた脳神経外科クリニックもあるので、日帰りで頭部のがん治療が受けられるのが最大の特徴である。更にサイバーナイフの適用範囲も増えたので、肺がんや肝臓がんの治療における応用事例も増加中である。また日帰り以外にも、必要に応じて入院しながら治療を受けるスタイルも非常に便利である。その場合にはサイバーナイフの治療費以外にも、毎日数千円の入院費用がかかるのが一般的である。特に治療箇所が大きかったり複数に分散している場合には、入院による継続的な治療が最適である。その場合でも保険治療が可能なので、最大でも数十万円程度の費用であろう。またより一層快適な入院環境を実現したいときには、個室などの差額ベッド代も必要である。