病気治療のミカタ〜郡山青藍病院のヘルニア治療編〜

医者

最新の治療方法

はっとする男性

医療機関の様々な場所にサイバーナイフが置いており、治療が受けやすくなっています。また、保険も適応されている治療方法なので気軽に受けることが可能です。さらに、日帰りで治療を受けることもできるようになりました。

原因の分からない症状

うなだれる男性

原因不明のリウマチの治療は医薬品を使用する方法や手術などがあります。以前は平均よりも死亡年齢が若いとされていますが、近年ではリウマチになっても仕事や家事をしている人が多くいるようです。前向きに治療を続けることが大切です。

骨にできる癌

医者

骨肉腫とは、骨にできた悪性腫瘍のことで、発生率は低く、国内で年間約100〜200人程度の発症です。以前は、患部の腕や足全体を切断する手術でしたが、最近は、化学療法で、腕や足を残しても生存率も7割程度まで上昇しました。

検査と手術の時間が短い

腰痛対策の病院をお探しの方は郡山青藍病院の評判を一度チェックしてみてください。関西エリアで人気のある病院として知られています。

お医者さんたち

郡山青藍病院は、多くの診療科を備えている奈良の総合病院です。
大きなポイントは最新設備を備えているということと、腰痛治療の評判がいいということがあります。
腰痛で多くの人が悩んでいるものに、椎間板ヘルニアがあります。
郡山青藍病院は椎間板ヘルニアの治療に力を入れており、体の負担が少ない椎間板ヘルニアレーザー手術という技術を積極的に行なっています。
検査が短いということも特徴で、通常だと40分から1時間程度かかるような検査も、半分ほどの時間で行なっています。
半分の時間で行える理由に、MRI等の医療設備が最新で高機能なものを揃えているということがあります。
鮮明な画像のため正確性も高く、時間を大幅に短縮することができるでしょう。

郡山青藍病院の椎間板ヘルニアレーザー手術は、検査の時間が短いということで、検査から手術の所要時間が5時間程度で済ませることができます。
短時間で日帰りできる手術ということは、仕事が忙しくて長く休むことが出来ないという人も手術を受けることが出来るということでもあります。
手術日も多いことから手術待ちということもなく、すぐに手術を受けられるというメリットがあることで関東圏から来るという患者も多くいます。
検査と手術日は別々に設定することが可能なので、検査だけ先に行なって後ほど手術日を設定するということも可能です。
多くのメリットがある椎間板ヘルニアレーザー手術ですが、中には手術に向いていない患者もいます。
歩行困難があるほど重度の場合も、この施術が不向きなので医師と相談して施術を行うことが大切です。

おすすめ関連リンク集

  • 彩の国東大宮メディカルセンター

    命に関わる病気なので、早めに治療しましょう!鼠径ヘルニア手術を受けるなら、年間150例以上の実績があるコチラ。